FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カケル2016の告知

こんにちは、今年もそろそろ手作りメガネの仕込みの季節がやって参りました。今回もサンオプチカルさんのご厚意で20名迄申し込みを受け付けるとの事です。


日程ですが5/25(水)に手作りメガネ(サンオプチカル)
5/26(木)にシンポジウム(めがね会館)を予定しています。


今回はMost Emotional   Eye wear(以下略称 ミー) 


という新しい賞をシンポジウム参加者の皆様の投票により決定するという新しい試みもございます。今回の賞はいわば眼鏡屋版本屋大賞という形式をイメージして頂ければ分かり易いと思います。


皆様の清くて熱い一票が毎年一型のフレーム、一つのレンズ、そしてアクセサリーや眼鏡周辺機器という三部門に分かれて決定しその場で表彰したいと思います。より多くの方が参加する事でより公正な賞として権威も出てくる事かと思いますので皆様奮ってご参加ください。


手作り眼鏡は5/25(水)に9時頃から開始致しますので関東からであれば前ノリが必要です。またシンポジウムは自由参加ですのでご興味ある方はご自由にご参加ください。


それと5/25の手作り眼鏡後の懇親会ですが、竹内社長を囲んで皆で親睦を深めようと思っております。会場は今のところいつものぴーぷるという会場を候補に考えておりますが、他にももっと良い場所があるよ、とか、一次会からカラオケやらせろ!なんてご意見もお待ちしております。そういったご意見は遠慮なくお願い致します。


シンポジウムに関してもう少し詳細をご説明致しますね。


今回のシンポジウムはグループディスカッションは基本的には考えておりません。基本は、フレーム/レンズ/アクセサリー・周辺機器 の三つの部門に分かれてノミネートされたproductを開発された会社の方がプレゼンします。


そしてその場で投開票し表彰するのです。


またプレスの方も数名当日はいらっしゃると思いますが、後日私の方でプレスリリースも出して広報活動もしたいと思っておりますので、投票は勿論、メーカーの方々はエントリーも是非お願い申し上げます。エントリー資格等はエントリー用紙をご覧ください。


更にこのミーという賞は眼鏡フレームに限っては小売店の方々からも①エントリーフィーをお支払頂き、②選考会場(二デック 東京支店)に期限までに送って頂く。この①+②の条件を満たして頂ければエントリー可能です。既存の賞は、これから販売されるフレームを選考委員が選びます。


この賞は既に販売されたフレームやレンズやパーツ等、これらを実際に販売された方々の現場の生の声が反映されます。いわばフレームブランドの仕入れ等をする皆様方の応援投票とも言えます。どうか皆様のお気に入りのブランドを是非ご紹介下さいませ。もしもグランプリを受賞した際にはお店での販促にもきっとお役立て頂けると思いますし、その実際に売れたという実績が、フレームメーカーさんの開発の後押しをします。


つまり僕のこのミー創設の目的は、「良い品を作ったメーカーが正当な評価を受けて、更に良い品を作れる好循環を創出する事です。」そしてこれが日本の眼鏡業界の活性化に一役買えると思うのです。


さ~て記念すべき第一回ミーの受賞作品は一体何になるのでしょう?それこそ鼻パッドやネジ一本一つが、消費者の暮らしを豊かにする何て通好みな賞だと評価を受けるでしょう。


では、エントリー用紙はPDF化し、下記URLのクラウドにUPしてあります。ご興味ある方はダウンロードして頂き、概要に目通しお願い致します。そして遠慮なく奮ってご参加ください。


エントリー用紙のURLは下記の「エントリー用紙」をクリックお願いします。
エントリー用紙


またメーカー(エントリーフィー5.000円)小売店(エントリーフィー1.000円)と業種毎に違う事、またフレームは二デック東京支店さんへ期日に送って頂く事。それ以外のレンズ、パーツ/アクセサリー/周辺機器の方々は、エントリー用紙と商品のカタログ等概要が分かる物をグラシアスに送って頂く様になります。手続きが難解で恐縮なのですが、エントリー用紙をよくご覧になり、お間違いの無いようお願い申し上げます。


いつの日か、僕は業界を挙げて消費者に奉仕する為の方策を有志で話し合い出来る業界であり、会にしたいと願っております。


では参加を希望される方は、


手作り眼鏡のみなのか、


シンポジウムのみなのか、


いえいえ全部参加します、なのかをアンケートにご回答ください。


「今回はアンケート形式ですが、参加の意思の確認になりますので、どれをチョイスするかは慎重にご判断頂いた上でクリックをお願い致します。」


その他のご意見等は、コメント欄に書き込み頂ければと思います。またこの「眼鏡屋が眼鏡を語る会」にご登録頂いていない方も、「どなたでも」勿論この企画にご参加頂けますが、その場合には、管理人さんの伊澤さんにご承認頂き、会にご参加頂けますでしょうか?出来れば連絡手続きを簡略化する意味でもこのスレ内で連絡が完結すると、こちらとしてはひと手間省けますので、どうか御理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


では長文失礼致しました。有難うございました。

スポンサーサイト

M.E.E.エントリー必要フォーマット

カケル2016 にて出席者による投票にて決定されるMost Emotional Eyewearこちらにエントリー用紙をダウンロードし、
応募要項にそいご応募下さい。

エントリ―用紙ダウンロードURL

https://drive.google.com/file/d/0B6CKD7gx0W4AVEEyZ1dMRlBZNlk/view?usp=sharing

私達は常に門戸を開き、業界の皆で国民の暮らしを良くしたいと願っております。もしも実行委員にご興味ある方はごちらをご一読の上、こちらにコメント若しくはメッセージを頂ければ、こちらより再度ご連絡させて頂きます。

カケル実行委員会規約ダウンロードURL

https://drive.google.com/file/d/0B6CKD7gx0W4ATk5DM3Fsbm9yZWs/view?usp=sharing

それでは上記の賞に実行委員、そのどちらも心待ちにしておりますので、遠慮なく
お申込み下さいませ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。